People

結果を出す指導力
Teaching Skills

臨床検査技師、細胞検査士、国際細胞検査士 (特任教授)
羽原 利幸

臨床検査技師の存在は今後ますます大きくなる!

わたしは、40年間臨床検査技師として勤務してきました。これまでの臨床検査技師の業務を振り返ってみると、当初は検査室の中で黙々と仕事をこなす毎日でしたが、検査技術の進歩、臨床検査業務の拡大、チーム医療への参画などにより業務内容は劇的に変化しました。現在では、臨床検査技師は外来、病棟にも積極的に出向いて幅広い業務を行うことで、病院でなくてはならない職種の一つとして位置づけられるようになりました。

私は、生理検査、血液検査、微生物検査など多くの部門から構成される検査室の中でも病理検査を専ら担当していました。ここでは、患者さんの体から摘出した臓器や採取した細胞(以下、検体)を詳細に調べて癌などの診断を行うため、臨床検査技師は正しい診断につながるように正確かつ丁寧に検体と向き合うことになります。最近では、癌の治療において、腫瘍細胞に特殊なたんぱくや遺伝子異常を認めると、それらを狙い撃ちする分子標的治療が行われるようになりました。この治療は、検体に存在する遺伝子異常などの情報を正確に検査することが必要不可欠ですが、適切な処理をしないと診断結果に大きな影響を及ぼすことが明らかになりました。そのため、検体を扱う病理検査では厳密な管理が求められるようになり、正しい診断を行う上で臨床検査技師の専門的な知識と卓越した技術がこれまで以上に重要になってきました。EBM(根拠に基づく医療)によって診断・治療が行われる中、臨床検査技師の存在は今後ますます大きくなるものと思われます。

臨床検査学専攻で行う講義や実習では、長年携わってきた臨床検査技師としての経験を活かして、臨床検査技師となるために必要な知識の習得ができるように心がけるとともに、臨床検査技師であるからこそ感じることができる充実感や感動などについても伝えていきたいと考えています。研究室では、各種細胞を用いて、形態学的所見や細胞質・核に発現するたんぱくを検索するなど、基礎的な研究を行います。

病気で苦しむ患者さんたちを救う上で重要な職種の一つである臨床検査技師をめざす方々を心よりお待ちしています。

2024.4.16

目標に挑む学生たち
Never Give Up

木嶋 仁美さん

私が、この大学に決めた理由

集中力があって、細かい作業が好き!
コツコツと仕事に向き合う臨床検査技師は、きっと天職になるはず。

医療職をめざしていた私にとって、学びの分野が幅広く、人のために働く姿勢も教えてくれるヒロコクへの進学は、これ以上ないものと言っても過言ではありません。
高校の時から顕微鏡を使うことが好きで、細かい作業が得意でした。授業では、検体から提供される、薄く切られた臓器を見ることがあります。臓器によって異なる細胞の形の違いを発見することで、直接は見ることができない構造の世界への興味が広がっています。
いまは、どんな物質を与えれば癌細胞が死滅するか、自分たちのアイデアで研究を進めていく面白さも、感じています。ひと言で検査といっても、その中には幅広い部門があるんです。私は、細胞検査のプロフェッショナルになりたいと思っています。

実践的な学びは、どれも面白い。
すべての授業が将来につながっています!

エコーや超音波など、正確な判断ができるのは機械よりも人の目です。授業では、実際の現場で扱う機器を使った実習の積み重ねが充実しています。学生同士で検体となり、何の菌か調べて治療につなげるという勉強もあります。これは、病院で行う作業と同じです。外部のメーカーを招いた最新機器の勉強会もあり、学んだことがすべて将来と直結しています。

2019.7.5

卒業生たちの仕事
Desired job

臨床検査技師(臨床検査学専攻 卒業)
林 咲良

初めての学会発表にも挑戦!ヒロコクでの学びが活かされています

臨床検査技師は、検査データを迅速かつ正確に臨床に返す必要があるため、幅広い知識や経験が求められます。常に緊張感と隣り合わせの業務ですが、その分やりがいも感じます。就職したばかりの頃は分からないことだらけでしたが、社会人2年目に入り、ある程度のことはできるようになったかなと感じつつも、より専門的な知識を身につける必要性も理解しています。

その中で、「国立病院臨床検査技師協会中国四国支部学会」に参加し、最優秀演題賞をいただくことができました。ルーチン業務や日々の当直の合間に準備を進めるのは大変でしたが、大勢の前で発表をする経験は自信につながりました。また、多角的な視点から疾患を見ることの重要性を再認識することができました。学会参加を通じて得た知識を、今後の業務に活かしていきたいと思っています。

ヒロコクは国家試験合格率、就職率ともに高いところが魅力だと思います。分かりやすい講義や、充実した設備を活かした実習を受けることができ、有意義で学びの多い学生生活を過ごすことができました。

また、特に印象に残っているのは、4年次生の時に朝早くから夜遅くまでゼミ室で勉強を頑張ったことです。友達同士で分からないところを教えあったり、励ましあったり、息抜きに雑談をしたりしていました。国家試験に対する不安はもちろんありましたが、同じ目標に向かって切磋琢磨しあえる仲間がいたからこそ乗り越えることができました。そして、共に過ごしたかけがえのない時間は、今ではとても大切な思い出になっています。

2024.2.22

PAGE TOP