リハビリテーション学科
義肢装具学専攻

工学の知識と技術で、義肢装具のあらゆる可能性を拓く。

義肢装具学専攻を見学してみよう!「ヒロコク CAMPUS VISIT」のご案内

アスリートを支える義肢装具士
月城 慶一 教授 谷口 公友 准教授 大窪 伸太郎 講師

リハビリテーション学科 義肢装具学専攻 トピックス一覧 

義肢装具学専攻の特徴

義肢装具士の活躍の場は広い

皆さんは義肢装具士と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか。身体の動かなくなった機能を補助するための義手や義足、装具を作ることは重要な役割の一つですが、それだけではありません。医学や工学の幅広い知識を生かして、アスリート、パラアスリートのパフォーマンスを引き出すためのシューズのインソール・義手・義足の開発に携わったり、高齢者や障がい者の社会参加に関わる商品開発を行ったり、時には人間だけでなく動物を救うための義肢装具を開発することもあります。

エキスパートな教員とアクティブな学生プロジェクト

西日本で唯一、義肢装具士を養成する4年制大学である本専攻には、ここまで紹介してきた多彩な分野において、第一線で活躍する教員が多くいます。各分野のエキスパートである教員指導のもと、学生は義肢装具士に欠かせない知識・技能・コミュニケーション能力を修得します。

学生主体のプロジェクトが多いのも、本専攻の特徴です。発展途上国に使われなくなった義肢パーツを再生して届ける「PCW(義肢パーツ再生プロジェクト)」、パラスポーツの普及啓発活動を行う「ASC(アダプテッドスポーツクラブ)」、医療福祉関連施設や商業施設の車椅子を無償でメンテナンスする「ROW(Repair Of Wheelchair)」はいずれも、社会ニーズの高さから多くのメディアに取り上げられました。

障がいや怪我、高齢のために悩む方々の暮らしに寄り添う視点を持ちながら、支援用具づくりの面から支援し、チーム医療に貢献できる人材の育成をめざしています。


最新トピックス

後ろ足の障害で立てないキリンの子供に教員と学生が装具治療を実施

広島国際大義肢装具学専攻の山田哲生講師は、広島市安佐動物公園から依頼を受け、生まれつきの障害で立てないアミメキリンの子供「はぐみ」に、装具装着による治療を実施し、同専攻の学生も協力しています。

今年の4月、はぐみは両後足の足先を曲げるための腱が伸びきって足を伸ばせず自力で立てない状態で生まれました。ギブスで固定して立てるようになったものの症状が改善しないため、山田講師に相談がありました。キリンの装具治療は想像以上に難しく、初めての装具製作に何度も同園に足を運び、歩く姿や本来の足の角度を観察。痛みで装着を嫌がったり、装具の強度が足りないなど試行錯誤の連続でしたが、治療の効果が表れ、歩行や走ることも可能な状態まで回復。11月上旬には装具を外しても歩けるようになりました。

補助として同行し、「動物の義肢装具」を卒業研究のテーマとする藤本涼花さん(4年)は「今回の装具治療の経験を生かして研究を深めたいです。将来は、義肢装具士として人間だけでなく動物の助けにもなりたい」と抱負を述べました。


はぐみの治療を行った山田講師(右)と藤本さん

装具を着けたはぐみ。右は生まれた時の様子=広島市安佐動物公園から提供

月城教授がパラリンピックに参加。

月城教授は修理チームのメンバーとして、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックに参加しました。大会期間中は2週間、選手村に泊まり込み、朝の8時から夜11時まで、各国から集まったスタッフが2交代で、文字通り「てんてこまいになりながら」修理や調節を行いました。

(体験談)月城慶一教授
「パラリンピックの熱気とアスリートのすばらしいパフォーマンスは本当にすごいです!実は舞台裏の選手村でも熱気があふれているのですよ。国際的義足パーツメーカー・オットーボック社(本社ドイツ)が公式スポンサーとして選手村に修理センターを設置し、世界各国からスタッフを集めて行う修理サポートは大変な忙しさとなります。開催期間中の修理件数は2,000件を超えます。この活動に広島国際大学を代表して参加しています。授業などを通じて、学生の皆さんにこの経験を伝えていくのが私の仕事だと思っています。」

 

(左)2008年 北京パラリンピックでの活動(右)2012年 ロンドンパラリンピックでの活動

学内実習の様子を紹介します。

2年生、3年生では、福祉用具の基礎、福祉用具や装置が利用者に合っているかどうかを調べる計測技術、各種義肢・装具製作などの実習をしています。

 

2年次「福祉用具支援演習」高齢者模擬体験と杖の評価 3年次「義肢Ⅲ実習」四辺形ブリム(大腿義足装着部分の一種)を製作

PAGE TOP